千葉県に方々に「この店があるから引っ越ししたくない」とまで言われ

愛されるベーカリーチェーン「ピーターパン」の社長、横手和彦 さんが

テレビ東京の「カンブリア宮殿」に出演されます。

毎回こちらの番組にはすごい社長さんばかりが登場されるのですが

今回はどういった方なのでしょうか。

少し調べてみましたらどうやら、元々はパン屋さんではなく、

信金マンさんで、信金マンを退職されたあとはなんとバーを経営され、

その後やっとパン職人になられたという異色の経歴の持ち主の方みたいです。

そんな方がどうやってテレビに登場されるまでに成功なされたか

気になりますよね!ということで今回こちらでは

横手和彦の経歴やベーカリーチェーン「ピーターパン」についてなどを

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

パン職人、横手和彦のwiki風プロフィール!!

give_introduce_customer_img57

出典:http://www.rinen-mg.co.jp

名前:横手 和彦(よこて かずひこ)

生年月日:1943年7月10日

年齢:72歳

出身地:広島県(瀬戸内海に浮かぶ離島の出身だそうです)

職業:パン職人、株式会社ピーターパン代表取締役

学歴:今治西高等学校

実家はみかん農家さんみたいですが、実家は継がずに

横手さんは高校卒業後は地元にわりかし近い愛媛信用金庫に就職されます。

しかしその後、学生の頃から憧れていたバーテンダーを目指し24歳の時に上京されます。

上京後は見事バーテンダーとなり働き始め、

27歳の時には青山に「レストランクラブ ぎんなん」をオープンされます。

27歳でご自分のお店をしかも青山に持つなんてすごいですよね!

さらには業績はとても順調だったみたいです。

ではなぜパン屋さんになったのでしょう?

どうしてベーカリーチェーン「ピーターパン」を始めたの?

横手さんは若くして東京の青山に自分のお店をもち、業績もとても

順調だったのになぜパン屋さんに転職されたのでしょうか?

しらべてみましたところ、理由は娘さんにあるそうです。

毎日バーで働いていたある日、奥さんが病気をされてしまい、

当時3歳だった娘さんの世話をしながら仕事をしていたところ、

娘さんに「パパは仕事をしないの?」と言われてしまったみたいです。

これはショックですよね…。小さいので悪気なんてみじんもないのでしょうが、

きっとお客さんと話しているだけに見えて仕事しているように見えなかったのでしょうね。

そして横手さんはなんとこの一言をきっかけに水商売から、足を洗おうと

決意されます。どのご家庭でも娘さんの言葉というのはお父さんに響きますよね。

息子さんだったらまた違う人生を歩まれていたかもしれないですよね。

そして、娘さんに胸を張って仕事と言える職をさがし、

ラーメン屋さんかパン屋さんになることを決意され、

たまたま知り合いがパン屋をしていたということでパン屋になることを

決意され、全くの素人ということで修行され、34歳の若さで今度は

パン屋としてお店を開店されます。

34歳までの経歴ですでに普通の方よりデンジャラスな

人生を送っていらっしゃいますよね!

それにしても凄い行動力ですよね!実に羨ましいですよね!

横手さんが持つギネス記録や年収については次のページ!