皆さんはYkikiBeatという

バンドを知っていますか?

2012年に結成され、

東京を中心に活動しているバンドです。

今回はそんなYkikiBeatについて

調べてみましたので、

よろしければお付き合いください。

<目次>

  1. YkikiBeatってどんなバンド?
  2. YkikiBeatのメンバーのプロフィールは?
  3. YkikiBeatの人気曲やおすすめ曲についても調査!
スポンサードリンク

YkikiBeatってどんなバンド?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-1-02-00

出典:Twitter

そんなYkikiBeatですが

どんなバンドなのか調べてみました。

冒頭でお伝えした通り

2012年に結成されたバンドで、

  • ボーカルギターの秋山信樹さん
  • シンセサイザーの野末光希さん
  • ギターボーカルの嘉本康平さん
  • ベースの加地洋太さん
  • ドラムの関口瑞紀さん

の5人で活動しています。

そして2016年現在、

平均年齢はなんと23歳

かなり若いバンドだということがわかります。

そんな若いバンドなのですが、

歌詞は英詞で活動しており、

現在ではなんと海外からも

高い評価を受けているのです。

そんなYkikiBeatなのですが、

機材に対するこだわりは

まったくないそう。

バンドをやっていると

足元に詳しい方など、

やはりいらっしゃいますが、

機材大好き!みたいな

メンバーの方はいないんだとか。

特にキーボード担当の野末さんに至っては、

練習、ライブ問わず、

ギター担当の嘉本さんに

借りたシンセを使用しているんだそう。

機材に関してこうしているのは

理由があるそうで、

「機材にこだわるがあまり肝心の音楽が

 疎かになっているようなバンドになりたくない」

という明確な思いがあるからなんだとか。

ギターボーカルの秋山さんも

安物のマルチエフェクターを

5年以上使い込んでるんだそう。

安物のエフェクターと言えば、

凛として時雨のTKさんも、

ARIONというメーカーの

安いフェイザーを

使用していることで知られていましたね!

またYkikiBeatは今後の活動を

アメリカに移した後、

様々な場所に移りながら活動していくそう!

ものすごい活動力!

ですが海外からも既に

高い評価を受けていることからも、

期待せざるを得ませんね!

YkikiBeatのメンバーの経歴は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-1-02-10

出典:Twitter

そんなYkikiBeatの馴れ初めは、

秋山さんと野末さん、

秋山さんと嘉本さんが

それぞれ高校時代から面識があり、

全員同じ大学なんだそう。

秋山さんを軸に関係を

築いていったことがわかります。

また高校生の時から

全員バンド活動をしていたそうで、

大学を加入した際に

せっかくだし皆で組まない?となり、

大学で皆さんが活動していたサークルから

加地さんと関口さんを

連れてきて5人で結成したんだとか。

また大学では「英文学科」を

専攻していたとのこと。

YkikiBeatは日本のバンドなのですが、

英語の発音がかなり良いですよね!

英文学科ということもあり、

なるほどなぁ〜…って感じですね。

また2013年12月にはEP「Tired of Dreams」が

Bandcampにてリリースされています。

また2014年2月には

Summer Campの初来日ライブの前座を、

「ミツメ」と共に勤めました。

ミツメといえば、こちらも

アメリカ等でのライブ活動により、

かなり評価の高いバンドですよね!

2014年4月にはフランス・パリの

有名セレクトショップである

「Collette」と「Conjour Records」に

よるコンピレーションアルバムにも参加。

2014年9月には7inchで

リリースされた「Forever」のリリックビデオが

国内外問わずメディアに

取り上げられています。

そしてきたる12月には、

あの「The Drums」のオープニングアクトに抜擢!

The Drumsといえばアメリカの大人気バンドです。

YkikiBeatはまさに日本を駆け抜けて、

飛び出していっているバンドといえます。

そして先程お伝えした通り、

今後はアメリカに移り活動していくそう。

私自身このバンドを

知ってまだ間もないのですが、

音楽を聴いてみても、

評価を見てみても、

これから先更に大きくなっていく

バンドであることは

間違いないと言っていいでしょう。

次ページ:YKIKIBEATの人気曲やおすすめ曲を調査!