遠隔操縦または自律飛行のクワッドコプター、

マルチコプター…通称「ドローン(土ローン)」。

近年急にメディアで取り上げられるようになった言葉ですよね。

最近の話題ですと今週末行われる「伊勢志摩サミット」開催へ向けて

三重県で「ドローン規制条例制定」が制定されましたよね。

そんな何かと話題にあふれているドローンですが

今度放送されるNHK放送の「プロフェッショナル

仕事の流儀」にてドローンパイロットの請川博一さんが登場されると

今話題を集めているそうです。

ということで今回こちらではそんなドローンパイロットの

請川博一さんについて詳しく調べていきたいと思います。

みなさん一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

ドローンパイロットの請川博一さんプロフィール

スクリーンショット 2016-05-22 22.51.15

出典:https://ja-jp.facebook.com

名前:請川博一(うけがわひろいち)

生年月日:1961年

年齢:55歳

現在の拠点:北海道旭川市

ラジコンヘリコプター空撮歴:30年

職業:有限会社 「Rave Project」代表取締役

会社の場所:北海道旭川市豊岡4条6丁目13-3

最近は「ドミノ・ピザ」さんがドローンで運んでピザを宅配する

サービスの試験運用を始めたり、はたまたドローンを使って海で釣りを

する人が現れたり軍用に使ったりとドローンもいろいろなことに活用されていますが

請川さんの場合が主にドローンを使って空撮を行っています。


よくNHKさんでこんな感じ映像みますよね!

てっきりヘリコプターなどを出動させているのかと思ったら

ドローンを使って撮影していたのですね。

請川さんはこのような空撮技術を駆使して

年260もの仕事をこなしているこの世界では知らない人が

いないほど有名な方なのだそうです。

請川さんは主にどんな仕事を?

スクリーンショット 2016-05-22 22.52.31

出典:https://ja-jp.facebook.com

最近、空撮ってすごく良くみますよね。

ドラマに映画、CMでも空撮映像を見ない日はないですよね。

さらにはドローンという言葉の世間で認知され年々需要は高まっているみたいです。

ですが現在、請川さんの様に、ドローンを自分の手足のように

扱えるパイロットは少なく国内に100人ほどしかいないそうなのです。

さらには請川さんの場合は操縦技術はもちろんのこと、

風向きや陽の光など、変わり続ける自然のことも考えるなど

あらかじめ念密に準備をすることによって、

一定のクオリティーを保ちつつ、短時間でさらに短距離飛行で

撮影を終えることができるのだそうです。

まさにプロフェッショナルですよね。

そんなプロフェッショナルな請川さんの

お仕事を数点ピックアップしてみたのですが

どれもこれも有名なものばかりですね。

・木村拓哉さん主演のTBS ドラマ 「南極大陸」

・レミオロメン「翼」PVの空撮映像

・世界の果てまでイッテQ!

・キリン 淡麗グリーンラベルCM

イッテQなんて毎回空撮でてくるような気がしますよね。

簡単なものはスタッフさんが撮影されているようなイメージですが

やはり難しい撮影はプロの方が関わっていたのですね。

次ページ:ドローンに自動追尾させた動画!?ドローンの学校とは?