6年予約待ちのお寿司屋さん『すし処 まさ』

続いて6年待ちのお寿司屋さん…

今予約すると2022年頃…

きっと2020年の東京オリンピックなんて

忘れ去られているころでしょうね。

予約した時小学1年生のお子さんがいらしたら

お寿司屋さんを訪ねる頃には中学1年生…

可愛かったお子さんも反抗期真っ只中…。いけないですね、

肝心もお寿司屋さんの情報の話を戻したいと思います。

こちらも簡単に見つかりました。

その名も『すし処 まさ』

original-3

出典:http://tabelog.com

席はわずか3席しかありません。

こちらももちろん完全予約制です。

こちらのご主人は元々席数30席ほどの

お店にいらっしゃったみたいですが、

そんなに多いとお客さんとお話もできないし、

職人ならではの細かい仕事もできないということで

現在の新橋駅前の狭小店に拠点を移され、

更には元々6席だった空間もわざわざ3席にされたのだとか。

商売としてみるのであれば6席の方が断然儲かりますが、

職人としてこだわりというか譲れないものがあったのでしょうね。

出てくるお寿司はもちろんとても美味しそうですし、

何より芸術品のように綺麗です。

original

original-1

original-2

出典:http://tabelog.com

いやあ正直6年待ってでも食べてみたいですよね。

『すし処 まさ』

TEL:080-5442-9866(完全予約制)

住所:東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館 B1F

営業:17:30~22:00

定休:日曜日・祝日

予算:8,000~10,000

スポンサードリンク

記事のボリュームが多くなってきてしまいましたので

「10年待ちのフィレカツサンド」はこちらの記事にて

紹介されていただいております。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どちらのお店も写真を見るだけでも料理人としての

こだわりがひしひし伝わってくるような感じですよね。

しかしながらこんなに待つお店が日本にあったなんて

びっくりですよね。

6年と聞いたあとですと2年なんてすぐのような気が

してくるので不思議ですよね。

テレビで放映されましたら、更に予約の期間が

伸びることは間違い無しですし、

行きたいと思ったらすぐに行動に移されたほうが

いいかもですよね!