次回の「わたしはワケあり成功者〜ドン底からの逆転学〜」に

セーラー服を身にまとったポニーテールの

謎の歌人(詩人)の鳥居さんという方が出演されるそうです。

セーラー服を身にまとった謎の歌人…とだけ聞けば、

モデルのりゅうちぇるさんなんかと同じ感じの方かな?

なんて思いますが実はこの方、過去に虐待、親の自殺、

ホームレス生活など、幼少期を過酷な状況を生きてきたのだそうです。

見た目と凄いギャップですよね。

ということで今回はこちらの歌人の鳥居さんという方が

気になったので調べてみることにしました。

みなさん一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

セーラー服でポニーテールの歌人の鳥居さんwiki風プロフィール!!

d7006-2089-776886-4

出典:http://prtimes.jp

名前:鳥居

本名:不明

年齢:不明(おそらく20代中盤)

出身:三重県

著書:「キリンの子 鳥居歌集」

「セーラー服の歌人 鳥居」

2012年に短歌を作りはじめる。

3000以上の応募の中から全国短歌大会に入選(佳作)

2013年掌編小説で路上文学賞 大賞受賞

2014年中城ふみ子賞候補作

どういう風に育ったの?ご両親は?

スクリーンショット 2016-06-02 1.24.49

出典:Twitter

虐待を受けたなど辛い過去をお持ちの鳥居さんですが、

いつ頃から始まったのか調べてみることにしました。

まず、ご両親は2歳の頃に離婚され、母親の方に引き取られ

母親の実家に住むことになったそうです。

ちなみのあまりに小さい時に離婚されたので父親の記憶は全くないのだそうです。

鳥居さんに限らず小さい時に親が離婚して父親の顔を知らないなんて

話も珍しくなくなってきましたよね。。

悲しいことに虐待は小さい頃から受けていたそうです。

引き取られた母方の家がちょっと特殊な家系だったようで、

代々虐待が当たり前の家系だったみたいです。。

曽祖母は祖母を祖母は母を母は子を…という形で

代々虐待を受けていたみたいです。。

鳥居さんのお母さんなんかは祖父母に虐待され、

祖父からは性的虐待も受けていたそうです。。

こんな家庭が日本に存在していたなんて…。

こんな家庭で幼少期を過ごし、

虐待もうけていたので、鳥居さんは小さいながらに自分は

死ぬべきじゃないかと感じていたそうです。。

もう可哀想すぎて、記事を書くのが辛くなってくるレベルです。。

小学校を中退したって本当?お母さんは…。。

スクリーンショット 2016-06-02 1.29.20

出典:http://matome.naver.jp

鳥居さんは度々小学校を中退と語っているのですが

どういったことなのでしょうか。。

調べたところ、鳥居さんのお母さんが急に東京に行こうと

いいだして、当時通っていた学校を突然辞めて、

東京に引っ越したのだそうです。

当時お母さんも昔から虐待を受けていたことで

精神をとても心を病んでいて、突飛な行動を取られることも

度々あったそうで今回もなにも考えずに東京に出てきたので

住む場所もなく、安い民宿に泊まったり、数カ月、学校に行けなかったのだそうです。

その後無事に小学校にまた通うことができるようになったそうなのですが、

鳥居さんが学校にいっている間1人ぼっちのお母さんが

日に日に、心が曇っていってしまったようで、

ある日鳥居さんが学校から帰ってきたら

お母さんが自分で命を絶たれてしまっていたそうです…。。

もう…なんていっていいか言葉が見つかりません。。

当時鳥居さんはまだ小学生…辛かったでしょうね。

1人になってしまった鳥居さんは擁護施設に…。。

スクリーンショット 2016-06-02 1.29.15

出典:http://matome.naver.jp

お父さんの行方は分からずお母さんまで無くされてしまった

鳥居さんはその後三重県の養護施設に入ることになったそうです。

テレビなどでは、たいていの場合、今まで辛かったけど

養護施設で兄弟当然の友達を見つけて、お母さん当然の

先生と一緒に…なんてことになるのでしょうが、

鳥居さんを待ち受けていたのはまたしも虐待だったのだそうです。

あざが残るほど殴られたり、脚の神経が切れるほどのケガもされたのだそうです。。

その後遺症で今も足に後遺症が残り麻痺しているのだそうです。。

もうなぜこんな鳥居さんばかりこんな目に…。。

鳥居さんは養護施設を出る中学卒業までこんな

仕打ちを受け続けたのだそうです。

普通の方なら人生でとても充実しているはずの

子供時代にこんなことって、あんまりですよね。。

次ページ:養護施設で後遺症が残るほどの虐待!?それでも詩人になった理由とは?