お正月といえば箱根駅伝ですよね!

お正月から家族・親戚

みんなで見れて、応援できて

団欒を楽しめる…

まさにおせち同様に

日本にはなくてはならないものですよね!

そんな箱根駅伝ですが

今年も青学が総合優勝を

納めそうですが

中でも、9区を走り抜いた

池田生成選手

69分55秒で区間賞に

8秒及ばないものに

区間2位の激走をされ!

感動を呼んだと早くも

話題になっているのだとか!

ということで今回こちらでは

そんな池田生成選手のあれやこれやを

調べていきたいと思います。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

池田生成選手のwiki風プロフィール!

  • 名前:池田生成(いけだ きなり)
  • 生年月日:1995年1月14日
  • 年齢:21歳
  • 出身地:埼玉県大宮市
  • 身長;162㎝
  • 体重:50kg

確かに…本当に凄かったですよね!!

もっと走りを見ていたかったと

不思議と思う選手でした。

身長は162㎝と小柄でしたが

力つよい走りでしたよね!

ちなみに162㎝男性の

平均体重は55kgほどなのだそう。

池田選手は50kg…

やはり長距離を走るために

日々のトレーニングで余計なものは

削ぎ落とされているんでしょうね。

今回が箱根駅伝初出場!

池田選手は現在4年生ですが

今回が箱根駅伝初出場となります。

あの堂々たる走りを

見てからですと意外ですよね!

池田選手は2016年5月22日に行われた

第95回関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)の

男子ハーフマラソンでは

優勝(2連覇)されています。

青学の原監督は4年で最後だから

出場させるなどとされる方では

決してないので

最近の調子の良さと

コンディションを

保たれた池田選手が

大学最後に自らの力で

勝ち取った第9区だったのでしょうね。

そしてあの快心の走り…

あっぱれでした!!

高校や大学はどこ?

駅伝を見てからこちらに来られた方には

失礼になりますが

一応大学から書いていこうと

思います。

大学はもちろん

「青山学院大学」です!

学部は「社会情報学部」

学科は「社会情報学科」

というところのようです!

高校は「佐久長聖高等学校」という

学校でこちらは多くの陸上競技選手を

輩出されてきた学校としても

有名なのだそうです。

・佐藤清治:800m元日本高校記録保持者、1500m日本高校記録・ジュニア日本記録保持者、5000m元日本高校記録保持者)

・高見澤勝:2008年北海道マラソン優勝、現・陸上競技部監督

・上野裕一郎:10000m元日本高校最高記録保持者

・佐藤悠基:ロンドンオリンピック出場、5000mジュニア日本記録保持者、10000m日本高校最高記録保持者

・村澤明伸

・大迫傑

・關颯人  出典:wiki

オリンピック選手まで出していた

高校にいらしたとは…。。

次ページ:凄い走りを見せた池田選手の今後の進路はどこ?