365166_615

出典:http://news.walkerplus.com/article/65297

12月18日(金)に日本テレビにてバナナマンの設楽さんをMCに迎え、

業界リサーチバラエティー「沸騰ワード10」という番組が放送されます。

こちらは一般の人は聞いたことがない、各業界の内で、

話題にのぼっている超ホットなワードを徹底調査!という内容なのですが、

今回「惣菜業界」の中から石川県金沢市の『ぶどうの木』さんの

「蒸(じょう)のおせち」という最新おせちが登場します!

こちらがとても美味しそうですので、いち早く調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

業界騒然!『ぶどうの木』の蒸(じょう)のおせちとは

スクリーンショット(2015-12-18 14.29.14)

出典:http://www.budoo.co.jp

ぶどうの木は、石川県北部のブドウ畑の中に本店を構え、

フレンチやイタリアンレストラン、洋菓子工房、

ウエディングなどを展開している会社です。

そんなぶどうの木が今回、日本のお正月の伝統おせち料理に

新しき手法を加えたものが話題になっています。

それは、ぶどうの木が得意とする西洋料理で使われている

「蒸す」という料理法を取り入れたものです。

それにより、温かいおせち料理を実現し

おせちは冷たくても美味しいものをという概念を覆すものと

業界では話題のNEWおせちです。

気になる「蒸(じょう)のおせち」の中身は?

sc6_photo01

「蒸(じょう)のおせち」はこのよな2段構えになっており

2段目は一般的なおせちと同じように普通に頂き

2段目を食べている間に1段目を蒸しあげ、

頂くというような食べ方を推奨されているみたいですね。

ではまず1段目から

sc3_photo01

 

スクリーンショット(2015-12-18 15.00.56)

蒸気で加熱し美味しさを閉じこめるという調理法を最大限に生かすため、

その美味しさがぐっと高まる魚介素材・肉料理から、

おせちにあったメニューを選んでいるのが特長です!

そしてすでにお気づきの方のいらっしゃるかと思いますが

こちらの器はせいろになっていまして、木曽檜を使って職人さんが

手作業で作り上げたものです。

蒸すと檜の上品な香りがひろがり、

まさにお正月にぴったりなんではないでしょうか!

お料理は、

・健康鶏の粗挽きスパイスハム

・仏蘭西産フォアグラのサボイキャベツ包みとトリュフ

・烏賊のカドリアージュ サフランのアロマ

・湯葉と海苔のガトー仕立て

・能登和豚餅豚の醤油糀焼き

・鮑のコンソメ煮

・能登牛と加賀蓮根 五郎島金時の赤ワイン煮込み

などなどどれもすごく美味しそうです。

 

そして2段目

sc4_photo01

スクリーンショット(2015-12-18 15.04.02)

1段目のおせち蒸し上がりを待ちながら食べるというコンセプトのもと

洋のおせちならではの種類豊富なピンチョスや前菜が

色鮮やかに敷き詰められています。

そのほかにも

・自家製スモークサーモン

・能登豚リエット詰め プティシュー

・鶏のパルマンティー風 法蓮草のクランチ

・金沢金箔張り カステラ卵などなど

美味しそうなものが目白押しです。

そして気になるお値段なのですが、

4人前税込で39,960円

ちょこっとお高い気も致しますが

お正月くらい豪勢に!という方は

チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

「蒸(じょう)のおせち」の作り方

いくら美味しくてもお正月から手間のかかることはしたくないですよね。

ということでどれくらいで「蒸(じょう)のおせち」の

準備が完了するのか、簡単な作り方をご紹介していきます!

①まずおせちはこの画像の様な形でお届けされるので

箱から順番に取り出してください。

sc05_photo01

②次のガスコンロ(各自ご用意ください)又はIHクッキングヒーターの上に

届いた蒸し器をセットします。

その中に別紙説明書に指定された量のお湯を入れ、蒸し器にふたをします。

sc05_photo02

③蒸し器の上に檜のせいろに入った一の重を乗せてます。

点火後15分であっとゆうまに出来上がりです!

sc05_photo03

ほぼガスコンロの上に乗せるだけでしたね!

これでしたら、来客などでバタバタしていても

すぐに作れて安心ですね!

まとめ

お正月といえば毎年毎年、おせちとおもちばかり、

こんなお正月は飽き飽きだーと言う方には

暖かくて美味しそうですし、お正月気分も

満喫できますし、もってこいなのではないでしょうか!

近年おせちを食べるご家庭が減っていると聞きますし、

こういった変わったおせちが増えることで

またおせち文化がご家庭に復活するといいですよね!