スタジオジブリ作品「耳をすませば」。

宮崎駿監督で脚本を担当したことでも

知られ監督を近藤喜文さん

担当されております。

 

この近藤監督は「耳をすませば」を

ご覧になった方はわかると

思いますが実力は折り紙つき、

宮崎さんの後継者になるはずだったのですが…

47歳の若さで他界されております。。

 

この近藤監督さえご健在でしたら

今もあの上質なジブリ作品が

見れていたのかなあ…なんて

思ってしまいますよね。。

本当に惜しい方を亡くされたものです。

 

そんな誰もが認める

名作「耳をすませば」

巷ではいろいろな都市伝説が

囁かれているのだそうです。

ということで今回こちらでも

その都市伝説を調べていきたいと思います。

<目次>

  1. 猫の恩返しは雫が作った小説なの?
  2. 天沢聖司はストーカーなの?
  3. 天沢聖司はその後に交通事故ってなに?
スポンサードリンク

猫の恩返しは雫が作った小説なの?

まず有名なのは

先日も金曜ロードショーで

放送されたばかりの

猫の恩返しが雫が

書いた小説の内容ではないか?

という都市伝説です。

 

といいますのも

この2つの作品は登場人物など

リンクする点はあり、

 

月島雫は耳をすませばの中では

小説家を目指している15歳という設定。

その7年後に猫の恩返しが公開されたので

22歳となった雫が書いたのでは?

という都市伝説です。

 

耳をすませばと猫の恩返しの

原作者はともに

柊あおいさんという方が

担当されていることもあって

個人的にはこういう裏設定が

ジブリっぽいなんて思いますので

信じている都市伝説です(笑)

 

天沢聖司はストーカーなの?

この天沢聖司は

ストーカーではないのかという

都市伝説といいますか

なんとも言えない噂はとても

有名ですよね。

理由としましては

 

  1. 天沢聖司が月島雫に自分の存在をアピールするために故意に本を先に読んでいた
  2. 終盤で天沢聖司が約束もなし早朝に突然家にやってきた

 

このあたりが挙げられるみたいですが

…これは別に都市伝説でもない気が

しますよね。。

 

1番は

中学生の思春期の男の子が

好きな子に自分から声を

かけられないのもわかりますし

自分のことを知ってもらおうと

本を先読みしていたなんて

むしろ微笑ましいですよね!

 

2番も

ネット上では勝手に

家を調べて待ち伏せするなんて…

などと言われているもたいですが

あの場面は終盤で

起承転結の「結」の部分…

あれくらいドラマチックな方が

すっきりしますよね!!

あーなんか若いっていいなぁって

思ってしまいます。。

 

まぁ同時に自分には

あんな青春時代はなかったと

心をえぐられる思いなのですが(笑)

次ページ:天沢聖司が事故死の都市伝説って存在するの?